心理コンサルタントの常光です。

毎日楽しいですか?

好きなことをしていますか?

毎日充実していますか?

この質問にすべて
「はい」と答えながら、
表情や態度が
あまり楽しそうではない
人たちがいます。

物腰が穏やかで、
人当たりよく、
お仕事もきっちり。

高学歴だったり、
難しい資格をお持ちだったり、
真面目で信頼できるお人柄で、

お客さまからの評価も高く、
一見お仕事は順調そうです。

人から見たら
「すごいなぁー!いいなぁ!」と
うらやましがられるような状況ですが、

なぜか、ご本人が全然
楽しそうじゃないんです。

いわゆる優等生タイプの方が
多いように感じます。

優等生タイプが
陥りやすい落とし穴

お話を聞いてみると

「まぁ充実してます。」

「ありがたいです。」

「まぁ仕事ですから
しんどいこともありますけど
悩んでるわけではないです」

「いろんなご依頼があって
大変ですけど
別にイヤなことじゃないですし、
お役に立てればいいのかな」

そんな言葉が多いです。

めっちゃ楽しいわけでもないけど
すごくイヤなわけでもない、
何だか煮え切らない態度です。

無理していることは相手に伝わる

コミュニケーションでは
言葉よりも態度や表情の方が
何倍も相手の印象に残りますので、

こういう方は、

「充実している」
「好きなことをしている」
という言葉よりも、

「なんか楽しくなさそうだな。
無理してがんばってそうだな」
という印象を
周りの人に与えています。

心理コンサルで

「別にイヤじゃないってことは
めっちゃ楽しいわけでもない
ってことですか?」

「本当にやりたいことなら
『別にイヤじゃない』なんて
わざわざ言わないような?
『やりたい!』って
ストレートに言えばいいことですもんね。」

「それって、○○さんがやってあげたら
お客さまは嬉しいとは思いますけど
本当に○○さんがやりたいことですか?
○○さんにしか
できないことなんでしょうか?」

そんなふうにお伺いしていきます。

すると、

「そう言われると
やりたいことじゃないです」

「お客さまに喜んでいただけるのは
うれしいけど、
別に私の仕事じゃないです」

「あれ?私、何でこれ
やろうとしてたんだろう?
自分が本当はやりたくないことにすら
気づいてませんでした。
わー怖い!
なんで気づかなかったんだろう?」

そんな展開になることが多いのです。

好きなことしているはずなのに

「ガマンして
イヤなことをするのではなく
本当に自分の好きなこと、
やりたいことをしよう」

頭では
「そうそう!ほんとそれ!」と
思う方が多いでしょう。

「頭では分かっていても
実際ご依頼を断って
好きなことをするのは
勇気がいるなぁ」
という方もいらっしゃいます。

実は断ることより難しいこと

でも一番難しいのは
「断ること」ではありません。

一番難しくて、
かつ一番大事なポイントは、

「自分がそれを
イヤがっていることに気付き、
その気持ちを受け入れること」
です。

真面目で誠実な優等生タイプの方は、
特にそれが難しく、

「別にイヤなことじゃないですし」と
自分の気持ちに
フタをしてしまいがちです。

「せっかくご依頼いただいているのに
それを喜べないなんてダメだー!」と、
気が進まないと感じることすら
自分に許可していないのです。

「なんか気が進まないけど
言いづらい」のではなく
「別にイヤじゃないしできます!」と
自分にも他人にも言い聞かせるのです。

誰に頼まれたわけでもないし、
強制されている訳でもないのに、
なぜか松岡修造バリの気合と根性で
駆け抜けようとしてしまいます(笑)

そんなふうに
無意識にガマンを重ねてしまい、
ガマンしていることにすら気づきません。

そして、
客観的には順調なはずなのに
楽しくなさそうで、

楽しそうにしている人を見て、
「あの人はいいですよねぇー」と
ちょっとうらめしそうだったりします。

なぜ優等生タイプの方が
自分のガマンに気付かないのか

子どものころ、
みんながイヤがる係の仕事をして
先生に褒めてもらえて
みんなにも喜んでもらえて
うれしかった。

会社の休憩室を掃除したら
「わーキレイになったね!
○○さんやってくれたの?
ありがとう!」と
みんなに喜んでもらえて
うれしかった。

そんなふうに
「みんなに喜んでもらえたり、
ほめられるのが嬉しかった」
という経験を
いっぱい持っている
優等生タイプの方は、

大人になって
「好きなことをやろう!」と
思ったときに、
「誰かに喜んでもらえることを
やりたい!」と考えがちです。

それはとても
素敵なことだなって思います。

誰かに喜んでもらうことが
自分の幸せにもつながってるなんて
サイコーですね!

人に喜ばれるかどうかより
自分がやりたいかどうかを
一番に考える

ただ、このときに優先順位は

1.本当に自分がそれを好きか、
 やりたいか

2.その自分がやりたいことのうちで
 相手に喜んでもらえそうなこと、
 成果が出やすそうなことは何か

という順で考える必要があります。

この順番が逆になると

「喜んでもらえて
仕事の引き合いはいっぱいあるけど
あんまり楽しくない」

「最初は嬉しかったけど
だんだん疲れてきた。
でもイヤじゃないはず!!!」と
自分に言い聞かせてがんばる

という悪循環にハマってしまいます。

相手に不満を感じはじめたら
何かがおかしいサイン

何となく心の奥底で
疲れたなぁ…という声が
くすぶりだしてきたころに、

最初は「助かる!」と
すごく喜んでくれていた相手が
だんだん
「やってもらって当たり前」
という態度になってきたり、

「え?別にガマンしてまで
やってほしいって頼んでないよ。
好きでやってるんじゃないの?」
なんて言われた日には
もんもんもんもんもん…

そんな経験、「分かる!」と
共感する方も
たくさんいらっしゃると思います。

私自身もそうでした…

このコラムを書いている
私自身もその一人です。

心理学を学び、活用しているおかげで
最近はだいぶ変わってきましたが、

以前は誰に頼まれたわけでもないのに
勝手に自己犠牲で引き受けて、
その自己犠牲やガマンにすら気づかず、
「楽しいです!」と
ひきつった笑顔で言っていました。

わーん…かわいそう…(T_T)

ここまで読まれてきて、

「え?このコラムって
私のこと書いてる?」

「なんで私のこと分かるの?」と
思われた方も
いらっしゃるかもしれません。

なぜ分かるかというと、
それはもともと私自身も
同じタイプだからです。

今日のメルマガは、
過去の私自身のことを書いています。

だから臨場感あるでしょ?(笑)

優等生タイプの方への処方箋

私と同じように真面目で
人に喜んでもらいたい気持ちが強い
優等生タイプの方ほど要注意。

もんもんとしたり、
なんか楽しくないとか、
楽しそうにしている人を見て
「うらやまー!」とか
そんな気持ちに気付いたら、

「もっと自分が楽しいこと
好きなことをしましょう!」
というサイン。

誰かを喜ばすためにはまず
自分が心から楽しむ必要があります。

せっかくのサインを押し殺さずに
ちゃんと受け取って、
そんな気持ちを感じている
ちょっとカッコ悪い自分も
「ええじゃないか人間だもの」と
受け入れましょう。

自分の気持ちに気付いて、
自分をいっぱい満たせるようになるほど、
誰かを喜ばせるエネルギーも
さらにわいてきますよ。

自分が心から楽しめることって何だろう?
そんな疑問を持たれたら、
体験セミナーにご参加くださいね(^-^)

きっとたくさん見つかりますよ。

心理学体験セミナー

個別相談(3万円相当)も付いてオトク!
ご参加お待ちしております(^-^)

経営者・専門職ビジネスパーソン向け
メルマガ「幸せビジネス心理学」

ご登録は無料です。
こちらからどうぞ。

ビジネス書1冊分の情報量が
無料メールで届く。
【3つの成功法則】7日間メール講座

こちらもあわせてお読みください。