心理コンサルタントの常光です。

自分らしく幸せな
生き方・キャリアを手に入れるために
必要なことは、

真っ白なキャンバスに
自分で自分の人生を
デザインするという視点です。

「自分で自分の人生をデザインする!」
この視点がないと、

例えば、
「起業して自由に
自分らしく仕事をするぞー!」
と思っていたはずなのに、
気づいたらお客さまに振り回される日々…
なんてことにもなりかねません(T_T)

これでは、上司がお客さまに変わっただけ。

安定したお給料や福利厚生があった分、
会社員を続けていた方が
良かったのかも???

そんな後悔をするのは残念ですよね。

自分らしく幸せな人生は
「起業したら得られる」
「好きなことを仕事にできたら得られる」
というものではなく、

自分で自分の人生を
デザインする力がないと得られないのです。

逆に言うと、
起業していようと、
会社勤めをされていようと、
ボランティアをしていようと、
自分らしく幸せな人生を
送っている人は送っています。

どんな形態で働くかは関係ありません。

不安定で不確実で複雑であいまい(VUCA)と
言われる今の時代、
誰にも
「こんな資格を取れば安泰」
「こんなビジネスが成功する」
なんてことは分かりません。

お手本に従うのではなく、
一人一人が
自分の人生のデザイナーとなって
作っていく時代です。

「えー?どうすればいいの?
そんな事習ってないし…」
と思われた方、大丈夫です(^-^)

安心して下さい!

そんな事は、
ほとんどの人が習っていません。

ですが、学んで身につければ
誰でもできるようになるのです。

自分らしく幸せな人生を
デザインするために
一番注意すべきポイント

このコラムだけですべてを
お伝えすることはできませんが、

今日は、
自分らしく幸せな人生を
デザインするための
注意点を一つだけ、
ご紹介しますね。

それは、
「自分らしくて幸せな
人生をデザインする」というのは、
単に「好きなことをすること」
ではないということです。

もちろん、
自分らしく幸せな生き方をするために

キライなことを
わざわざガマンしてやるのではなく、
好きな活動をすることは必要です。

でもそれは、
必要条件であって、
十分条件ではないのです。

好きなものを寄せ集めただけでは…

例えば、
お部屋のインテリアを
考えてみましょう。

「自分らしくてそこにいるだけで
幸せな空間にしよう」と思えば、

自分が何に幸せを感じるのか、
自分の好きなものを
知っておく必要があります。

しかし、それだけでは不十分です。

どんなに予算があって、
どんなに広いスペースがあっても、
好きな家具を
ただ買い揃えただけでは
「自分らしくて幸せな空間」
にはなりません。

ただ好きなものを
買い集めただけでは
都会的でシンプルな家具の横に
花柄のロマンチックなカーテンと
アジアンな置物が鎮座するような
ちぐはぐなお部屋になりかねません。

何だか想像するだけで
頭痛がしてきそうなお部屋です(笑)

全体の構想が大事!

自分らしくて幸せな空間
を作りたければ、

「自分が部屋に何を求めるのか」
「どんな部屋が自分らしいのか」
という全体の構想から
始める必要があります。

自分らしくて幸せな空間が
どんなものかは人によって違います。

ある人にとっては
「ナチュラルテイストで
グリーンをふんだんに使った
木の香りのする空間」
かもしれません。

別の人にとっては、
「モノトーンでまとめた
シンプルで都会的な空間」
ということもあります。

また、ある人は
「誰にも邪魔されずに
思いっきり一人の時間や
趣味を楽しめる空間」を求め、

別の人は
「パートナーと二人
ホッとできる場所でありながら、
月に数回は少人数の友だちと
美味しいものを食べながら
ゆっくりリラックスして過ごせる空間」
を求めるでしょう。

自分らしさも
住空間に求めるものも十人十色。
正解はありません。

一人一人違う
理想のライフスタイルを実現するための
全体の構想があったうえで、
レイアウトを決め、
好きな家具を選び、
自分らしくて幸せな空間が完成します。

例えば、冒頭にご紹介した
「都会的でシンプルな家具の横に
花柄のロマンチックなカーテンと
アジアンな置物が鎮座するような
ちぐはぐなお部屋」も
全体の構想があれば、
次のようにまとまるでしょう。

【全体の構想】
「忙しい日常を機能的に過ごしながら、
大好きなものに囲まれた暮らし」

【各部屋のインテリア】
・LDKは都会的でシンプルにまとめ、
 忙しい日常が機能的に送れるようにする。
・寝室は花柄のカーテンや
 デコラティブな家具を使い、
 ロマンチックで自分らしさ全開にする。
・和室には旅先で収集した置物や
 布をあしらい、
 異国情緒あふれる
 エキゾチックな空間にする。

ロマンチストで旅好きで優しく、
でも仕事はバリバリできる人!
そんな住人の、
仕事も趣味も充実した生活が
目に浮かびそうなお部屋ですね(^-^)

自分にとって
欠かせない要素なら
どれもあきらめなくてOK!

都会的でシンプルな空間にするために
旅先で買った大好きな
アジアンな置物は
捨てなければならない…
なんてことはありません。

旅の思い出や
異国情緒を味わうことが
その人の人生に欠かせない要素であれば、
それを活かすために、
全体の構想を考えればよいのです。

どんなにお金をかけて
雑誌に出てくるような
オシャレで素敵なお部屋に住んでいても、
その人が求めるものと
マッチしていなければ
幸福度は低いでしょう。

自分らしく幸せな人生を
デザインするために

人生も同じです。

自分らしく幸せな生き方や
キャリアを手に入れたければ

ただ好きなことをすればいい
というものではなく、

「こんな人生にしたい!」
「こんな人生が自分らしい」という
全体の構想が必要です。

あなたが人生に求めるものは何でしょう?

シンプルですが、
とても大切な問いです。

答えは一人一人違います。

「え?そんなこと
考えたこともなかった」という方も
結構いらっしゃいます。

何歳からでも遅くはありません。

今から考えればOKです。

「あなたが人生に求めるものは?」

この問いの答えが
自分なりに分かっている人は
ブレずに自分軸で、
自分らしい幸せな人生を
手に入れられます。

「自分が人生に求めるものは何か」
これが自分で分かっていない人は、
真っ白なキャンバスを前に
「どうしたらいいんだ?」と
途方にくれたり、
不安を感じることになります。

そして、
せっかく真っ白なキャンバスに
ゼロから描けるというのに、
誰かが作ったお手本に
自らハマりに行ってしまったりします。

例えば、
「30代のうちにこれしなきゃ!」
「これが定年後の理想」
というような、

誰かが決めたお手本と
自分の人生を比べて焦ったり、
実現できても
「なんか違う…」と
空虚さを感じることに
なってしまうのです。

それでは、
モデルルームのような
キレイな家に住んでも、
そこに自分が求めるものがなければ
落ち着かないのと一緒です。

「30代のうちにやっておくべきこと」
「これが幸せな60代の生き方」

一体だれが決めたんでしょう?

時代は、エイジレス社会、
ジェンダーレス社会です。

いつでも誰でも何歳でも
自分の能力、意欲、価値観によって
自由に生き方を選べるのです。

わざわざ自分にプレッシャーをかけて
誰かの決めたパターンに
はまりに行くことはありません。

未来を考えて楽しくないなら
それが本当の理想ではない

人間は、
影響を受けやすいものですから、
白紙から自分で考えているつもりで、
知らないうちに
メディアや人の意見に
影響されてしまっていることもあります。

「自分らしく幸せな
人生のプランニング」を
しているつもりが、
いつの間にか
「これがイケてる○○歳の生き方」という
誰かが決めたお手本を
無意識になぞろうとしてた…
なんてこともよくあります。

理想の未来を考えているのに楽しくない、
ノルマ感やプレッシャーがあるときは
誰かのお手本や正解と思われていることを
なぞろうとして焦っているサインです。

本当に自分の理想なら、
考えているだけで
ワクワク楽しい気持ちになり、
ニヤニヤしてしまうのが正解です。

誰かが決めたパターンに
はまり込みに行って
見せかけの安心感を得ようとするより、
自分で自分の人生を
デザインする力を身につける方が
ずっと安心できます。

これからの時代に必要な
キャリアデザイン力、
ライフプランニングスキルを
しっかり学んで
人生をさらに充実させたい方は
体験セミナーに
お越しくださいね。

また、メルマガや無料メール講座が
お役に立てれば幸いです。
下のリンクよりご登録ください(^-^)

心理学体験セミナー

個別相談(3万円相当)も付いてオトク!
ご参加お待ちしております(^-^)

経営者・専門職ビジネスパーソン向け
メルマガ「幸せビジネス心理学」

ご登録は無料です。
こちらからどうぞ。

ビジネス書1冊分の情報量が
無料メールで届く。
【3つの成功法則】7日間メール講座

こちらもあわせてお読みください。