心理コンサルタントの常光です。

あなたは
人からホメられるのは好きですか?

「嬉しいんだけど
どう反応していいか
分からないから苦手」と
お答えになる方も
割と多くいらっしゃいます。

謙遜したり、
自虐モードになったり、
ドギマギ、あたふたしているうちに
変な空気になっちゃった…。
そんな経験をされた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

私もあります。

せっかく相手は好意で
ホメて下さっているのに、
もったいないですね(T_T)

今日はホメられた時の
自分も相手も幸せになる
受け答えについて
書いていきますね。

動画でご覧になりたい方はこちらから

6分23秒あたりの動きがジョイマン?という感じで面白いです(笑)

ホメられ上手になるために

ホメられたら
ニッコリ「ありがとう」と
受け取る。

これだけです。

実にシンプルですね。

でもこのシンプルなことが
案外難しいものです。

謙虚なつもりが相手を否定?

「いえいえ、私なんて…」と
謙遜で返す方も多いでしょう。

謙虚な姿勢とも言えますが、
行き過ぎた謙遜は、

「こんなにもたいしたことない
私をホメるなんて
どうかしてる~!」って

ホメてくれた相手のセンスを
無意識に
否定してしまっているかもしれません。

行き過ぎた自虐は、相手を傷つける

自分に自信がない時には、
「そんなことないんですよ!
私、全然ダメダメなんです!!!」
なんて自虐モード全開に
なってしまう人も
いらっしゃいます。

行き過ぎた自虐は、
あなたのことを「好き」と
思ってくれている人に、
好きな人の悪口を
聞かせる行為。

あなたのことを
大切に思ってくれている人ほど、
あなたが自虐的になると
つらく感じ、傷ついてしまいます。

そして、
無意識にあなたから
遠ざかってしまうこともあります。

誰だって、
大切な友だちや家族の悪口を言う人と
一緒にいたくはないですからね。

場を盛り上げようという冗談が…

「いやいや、
ホメても何も出ませんよ!」
なんて、照れかくしで
言ってしまうこともあります。

冗談で場を盛り上げようという
気遣いからのことが多いですが、

これは、相手に対して
「見返りを求めてホメる人」と
レッテル貼りをしてしまっている
可能性もあります。

下心なく思ったままに
あなたをホメた相手からすれば、
「イヤ…別に、何かが欲しくて
言ったわけじゃないんだけど?」と
残念に思うこともあるでしょう。

言葉の背後にある相手の想いを受け取る

「その服似合うね!」と
ホメてくれる人は、
別にあなたと服の話を詳細に
朝まで語り合いたいわけではないでしょう。

ただあなたと
「仲良くしたい」
「一緒に楽しい時間を過ごしたい」
「あなたのこと好きですよ」
って伝えたいだけです。

「バーゲンで買った安物なのよー」
「太っちゃって
他に着れる服がなくなっちゃって」
なんてあなたの服情報よりも、
「ありがとう」を伝えましょう。

そして、
楽しい時間を過ごしましょう(^-^)

シンプルなことがなぜ難しいの?

ホメられたら
ただニッコリと
「ありがとう」で受け取る。

簡単なようで案外難しいものです。

なぜ難しいかというと、
「自分はホメられる
価値がある人間だ」って

ムリなく自然体でナチュラルに
心の底から思えていないと
できないことだからです。

受け取ることより返すことに必死

私自身は、以前、
人からホメてもらったときに

「わー!こんなふうに
ホメてもらったからには
面白いことでも言って
相手を喜ばせなければ!」と

面白い返しをしようと必死になり、
相手の好意を
「ありがとう」と
ちゃんと受け取ってないことが
よくありました。

誕生日プレゼントをもらっているのに
「ありがとう」を言わずに
「あなたの誕生日には何が欲しい?
こんなのはどう?
あんなのはどう?
じゃ、今から百貨店行って
買ってくるね!バイバイ!」と
言っているようなものですね(;^_^A

なぜこうなっていたかというと
「そのままの自分で
何もしなくても
ホメてもらえる価値がある」って
心から思えていなかったからです。

大げさに言うと
「こんな価値のない私の
いいところを見つけて
ホメてくれるなんて、
この人めっちゃいい人やん!
何かオモロイことでも言って
喜ばせな!サービスせな!
お返しせな!」という感じです。

相手はそんなこと
全く望んでいないのに(笑)

最近はようやく
「わー!ありがとう(^-^)」と
ただただ穏やかに
嬉しい気持ちで
受け取れるようになって来ました。

そうすると
相手の方も喜んでくださいます。

好循環ですね。

自分を大切にすることは、相手を幸せにすること

表面上の言い方や
テクニックではなく、
心から自分の価値を認めて
自分を大切にしていないと、
ホメ言葉は受け取れません。

あなたを認めてホメてくれる
大切な人を
無意識に傷つけてしまわないように、

大切な人を
もっと幸せにするために、

もっともっと自分を
大切にしましょうね(^-^)

具体的にどうすれば
「自分はホメられる
価値がある人間だ」と
思えるのかについては、
長くなるのでまた別の機会に
お話ししますね。


経営者・専門職ビジネスパーソン向け
メルマガ「幸せビジネス心理学」

ご登録は無料です。
こちらからどうぞ。

ビジネス書1冊分の情報量が
無料メールで届く。
【3つの成功法則】7日間メール講座

こちらもあわせてお読みください。