※3/23開催分と同じ内容となります。

「想いを人に伝えられない」
「人に頼るのが苦手」
「完璧にしようとして疲れてしまう」
「慎重に石橋をたたきすぎて、なかなか行動できない」

自分自身の行動パターンについて、変えたいのに変えられないと感じることはありませんか?

このような行動パターンは、幼少期にうまくいった反応パターンであることが多く、大人になった今でも、無意識に同じ反応パターンを繰り返してしまうことがあります。

例えば、子どもの頃、ご両親が仕事や家事で忙しく、ご両親の代わりに弟と妹の面倒も見なくては…そんな環境で育ったAさん。
忙しい両親に負担をかけたくないと、困ったことがあっても相談せずに、何とか自分で解決しようと頑張ってきました。
ご両親や周りの人からも、「Aちゃんは、年長さんなんだから(お姉ちゃんなんだから/お兄ちゃんなんだから)自分でできるよね。」「しっかりしててえらいね。」と言われてきました。

優等生で何の問題もなく育ったAさんでしたが、働き始めてからは上司に「もっと人に頼って」「わからないことがあったら一人で悩まずに早めに相談して」と何度も指摘されました。

スッと先輩に甘えたり、上手に先輩や上司を頼ったりしている同僚に比べて、自分で対処しようとしすぎて時間をロスしてしまったり、先輩から「情報共有が足りない」と言われることが出てきたのです。

頭では先輩や上司に気軽に聞いたらいい、みんなサポートしてくれる、そう分かっていますが、なかなか気軽には人に頼れません。
甘え上手な同僚がうらやましく、自分もそんなふうにできたらなぁと思う反面、甘え上手な同僚がズルく感じたり、内心腹立たしく思うこともあります。

なぜ、Aさんが「もっと頼っていいんだよ」と言われても頼れないのか。

それは、Aさんの「人に頼れない」という行動が今の職場との関係で起こっていることではなく、Aさんが子どもの頃に学習した「人に頼らず自分で解決する方がうまく回る」というパターンによるものだからです。

その過去のパターンを見ることなく、今現在だけを見て、いくら「人に頼ろう」「次は甘えよう」「先輩も上司もいい人なんだから大丈夫!」と決意しても、行動が変わることはないのです。

子どもの頃Aさんは人に頼りたくても頼れない環境で、自分の力で解決するしかない、そんなパターンを何年も何年も繰り返し学習してきたのです。そして、「人に頼る」というパターンの練習は全くする機会がなかったのですから。

しかし、ほとんどの人は、自分が無意識に過去にそのような行動パターンを作ってきていることや、今も過去に学習したパターンだけを無意識に繰り返していることに気づいていません。

ですから、過去に目を向けずに「次こそは!」と決意を繰り返すだけになってしまったり、「持って生まれた性格だから変わらないのかな」とあきらめてしまっていまうのです。

「インナーチャイルド」とは「内なる子ども」と訳されます。

あなたが、子ども時代に経験した感情や、人に言えずに抑え込んだ本当の気持ち、素直な自分の内面の記憶です。

その記憶は、意識の上では忘れてしまったように感じても、今もあなたの中にしっかりと残っています。

そして、子ども時代に形成された無意識の行動パターンは、今現在もあなたの中でしっかりと作動していて、人生にとても大きな影響を及ぼしています。

そのパターンを知り、自分で自分を癒していき、変えた方がいいパターンがあれば変えていくことも選択できる。それがインナーチャイルドワークです。

「こんな人が苦手…と思っていた原因はここにあったのか!」
「自分で嫌いだと思っていた自分の行動が、そう悪いことじゃないと受け入れられた。」
「こんな自分でもいいかと受け入れてみたら、自然に改善できた。」
そんな気付きを得られ、自分の過去も現在も受け入れられるようになります。

ホッと温かく、自分がさらに好きになる。もっとラクに成果が出せるようになる。

そんな体験をしに来てくださいね。

※弊社のセミナーは健康な方を対象としております。現在治療中の方は必ず主治医とよく相談し、主治医の許可を得ていただくとともに、セミナーお申込み時に治療中であることをお伝えください。

料金

  • 月額会員様:無料(月額会費に込み)
  • 非会員価格:6万円(税別)
    ※1dayセミナー受講より1週間以内に月額会員に移行申込された方はキャッシュバックあり。
  •