こんな課題はありませんか?

✔ 仕事を抱えすぎ、バランスをとるのが難しい
✔ いつも忙しい。もっと余裕を持ちたい。
✔ ビジネスもプライベートも楽しく成果を出したい
✔ これからの組織づくり、自分の働き方・生き方を整理したい
✔ 人材育成・チームビルディングに悩んでいる
✔ 今までの人材育成のやり方が通用しなくなっていると感じている
✔ 部下から「あなたのようにはできない」と言われたことがある
✔ 人が成長する活気ある組織づくりをしたい
✔ 組織の生産性を高めたい
✔ 部下の成長を支援できる上司でありたい
✔ 子どもの夢をどう応援したらいいのか分からない

こんなことが解決できます!

◎自分と仕事の関係について、無意識の思い込みに気づき、発想を広げることができる
◎自分の理想とする生き方、働き方を明確にできる
◎大手企業の不正や有名人によるパワハラなど、今日本のビジネス界で起こっている課題が心理学的に理解できる
◎これからの時代の生産性の高い組織づくりが分かる
◎人生100年時代の生き方・キャリア戦略が分かる
◎押しつけではなく、部下のやる気を引き出す組織づくりが分かる
◎視野を広げ、人間関係のストレスを軽減できる

受講者さまの声

●税理士 菊池亮太様

他の人の発表を聞いて「自分もやっていた!!」と気づくことがあった。
将来の自分と仕事、組織の関わりについて、頭ではイメージしていても、可視化をしていなかったので、今回のワークを通じて明確になった。


●大学教員 T様

自分と仕事の関わり方が少し分かりました。参加者からのフィードバックやそれぞれの考え方に触れることで自分自身にはなかった考え方が生まれて分かったことなので、参加して本当に良かったと思います。
復習して自分に落とし込んでいきたいです。
仕事との関わり方に悩んでいる人にオススメしたいです。

幸せなビジネスのための「境界」って?

  • 誰もが知っている大手メーカーによる度重なる偽装や粉飾、改ざん事件。
  • 有名スポーツチームでの暴行やパワハラ事件。
  • 高級官僚や有名企業トップなど高位役職者によるセクハラ。
  • 有名同族企業によるお家騒動。

近年メディアを賑わせているこのような不祥事の根底には、実は同じ原因があります。

一人一人は善良で不正に手を染めるような人物ではなくても、均一化した企業という集団の中で判断がくるってしまったり、風通しの悪い風土の中で無意識の偏見、思い込みが大きな不祥事に発展してしまったりすることがあります。

「仕事だから○○しなくては!」そのような思い込みや、「赤信号みんなで渡れば怖くない」といった無意識の心理が影響することもあります。

「境界」(バウンダリー)とは、線引きのこと。

組織の不正や不祥事の背景には、この「境界」についての無理解や混乱が起こっています。そして、不正や不祥事の多くが「良かれと思って」「これが当たり前だと思って」無意識に行われています。

つまり、「気を付けよう!」と意識するだけでは防ぐことができず、無意識の自分の価値観や考え方にいかに気づくことができるかがカギになるのです。

本セミナーでは、いま日本のビジネス界で起こっていること、不祥事や組織のほころびの根底にある心理面の原因について知識を深めます。大手メーカーの不正会計事件のケーススタディーを通して、善良な人物が組織の中でどのように判断を狂わせていくのか、心理面を検証していきます。さらに、ワークや参加者同士のディスカッションを通して、ご自身のビジネスと自分自身との関係性、理想の在り方について振り返っていただきます。

セミナー内容

・境界(バウンダリー)とは?
・あなたと仕事の関係は?
・いま日本のビジネス界で起こっていること
・ケーススタディー:東芝不正会計事件に見る善良な個人が組織ぐるみの不正に手を染める心理
・アンコンシャスバイアス
・あなたと仕事のさらに心地よい関係のために

組織や仕事との関係に悩むのはあなただけではありません

グローバル化、時代の変化を受けて、高度経済成長期には当たり前であったり、称賛されていた働き方が急速に「時代遅れ」となりつつあります。

弊社が企業内で心理コンサルティングを行う中でも、かつてハードワークで行動力があり、成果を上げてきた管理職が「あなたにはついていけない」「パワハラだ」と部下から訴えられたり、指導力不足と指摘される事例が散見されます。

そのようないわゆる「パワハラ上司」が「指導力、コミュニケーションスキルを磨くように」と命じられて心理コンサルティングに来られることもありますが、ほとんどの方は個人的には何も鬼のような方ではありません。一生懸命で、これまで身を粉にして組織のために献身してこられたんだろうなぁ…という方がほとんどです。

人当たりは良くても、自分にも他人にも厳しい仕事観を持っておられるんだろうなぁ…という事が言葉の端々ににじみ出ておられる方も多いです。

どのような価値観も個人の自由ですから、どんな考え方・生き方もOKです。ですが、自分の価値観を「自分の考え方」として客観的に捉えられておらず、「社会人として当たり前」と捉えていると、自分にも他人にも無意識に我慢を押し付けてしまったり、短期間に高すぎる目標を課してチームを疲弊させてしまったりすることがあります。

近年、グローバル化、働き方改革の波を受けて、かつては称賛されていた働き方が急速に時代遅れのものとなり、管理職に求められるスキルが大きく変わりました。

「ずっと野球だと思ってプレイしていたら、気づいたらサッカーになっていた」そのくらいの大きな変化が起こっています。

そのような急激な時代の変化にあって、自分自身との仕事との距離感や、これからの生き方、働き方に悩む方が多いのは当然のことなのです。

そして、多様性が認められる時代だからこそ、部下指導・人材育成も単に業務スキルに長けているだけではなく、部下の想いを引き出し、考えさせるコーチングスキルなどコミュニケーションスキルが求められるようになりました。
また、異なる世代や生き方の方への想像力もリーダーに求められるようになりました。

「コミュニケーションスキル」「想像力」は「持って生まれたもの」と誤解している方も多いのですが、これは知識と訓練により身につけられるスキルです。

これからの経営者・リーダーに求められる知識とスキルをぜひ手に入れてください。

こんな方にオススメです

・魅力ある組織づくりをしたい経営者
・組織づくりについてアドバイスをする士業・コンサルタント
・求心力を高めたい管理職
・仕事との心地よい距離感、バランスを大切にしたい方

※弊社のセミナーは健康な方を対象としております。現在治療中の方は必ず主治医とよく相談し、主治医の許可を得ていただくとともに、セミナーお申込み時に治療中であることをお伝えください。

料金

  • 月額会員様:無料(月額会費に込み)
  • 非会員価格:6万円(税別)
    ※1dayセミナー受講より1週間以内に月額会員に移行申込された方はキャッシュバックあり。
  •